たるみの改善

若い頃はくっきりとしていたフェイスラインがぼやけたり、ハリを失ってどことなく肌がゆるくなったり、常に疲れた印象を与えたりと、たるみは肌の老化の中でも大きな悩みになりえるものです。美容皮膚治療においてはたるみの改善も可能になっていて、たるみと言うのは加齢によって段々と皮膚の重みに耐えられなくなって発生します。

年齢を重ねると重力に逆らえなくなるという表現がありますが、たるみはまさに重力に耐えられずに顔全体が垂れていっている状態であり、原因としては水分保湿力の低下、筋力の低下、これらが複合的に起こってたるみが起こるのです。

肌は三層構造になっていますが、表皮、真皮、皮下組織の中でも真皮層がたるみに関わっていて、真皮には肌の弾力やハリを作り出す効果がありますが、ここが機能低下すればたるみをはじめとして色々な肌トラブル、肌老化が表面化します。超音波美顔器を活用したり、色々な改善方法がありますが、日常のセルフケアもたるみ改善には必要であり、表情筋のトレーニングやマッサージ、生活習慣の改善等もたるみの改善に有効です。美容皮膚治療で真皮層に働きかけるケアを行って、自宅では表情を動かしたりマッサージを取り入れて改善させる事が必要になります。